第4回古代歴史文化賞のノミネート作品決定

第4回古代歴史文化賞のノミネート作品として、下記の5作品を選定いたしました。

11月1日(火)午前10時より帝国ホテル東京にて選定委員会を開催し、下記の作品の中から大賞1点、優秀作品賞4点を選定します。 同日午後2時より同ホテルにて発表及び賞贈呈を行います。

 

第4回古代歴史文化賞 ノミネート作品

書名著者名出版社名作品の概要著者のプロフィール
神と死者の考古学
古代のまつりと信仰


神と死者の考古学古代のまつりと信仰
笹生 衛/さそう まもる吉川弘文館祭祀遺跡や古墳から出土する遺物を丹念に分析し、古代国家の祭祀がいつはじまったのか、また古代から中世にかけて、自然観や信仰がどのように変化したのかについて、最新の研究に基づいて通覧した書。1961年千葉県生まれ
國學院大學教授
専門は日本考古学・日本宗教史
著書に『神仏と村景観の考古学』(弘文堂)、『日本古代の祭祀考古学』(吉川弘文館)、『事典 神社の歴史と祭り』(共編、吉川弘文館)など
国際交易の古代列島

国際交易の古代列島
田中史生/たなかふみおKADOKAWA国家間の外交史として語られがちな古代の国際交流について、時代時代の社会における交易の特質や、商人や僧侶など交易に携わった人々の姿を丹念に描くことで、交易史という観点から新たに捉えなおした書。1967年福岡県生まれ
関東学院大学教授
専門は日本古代史
著書に『国際交易と古代日本』(吉川弘文館)、『日本古代国家の民族支配と渡来人』(校倉書房)、『越境の古代史』(ちくま新書)、『倭国と渡来人』(吉川弘文館)など
日本人はどこから来たのか?

日本人はどこから来たのか?
海部陽介/かいふようすけ文藝春秋人類がアジアに拡散していった過程について、遺跡や人類学・科学分析から検討し、日本列島にたどり着いた人類について2つのルートが混じり合った集団であり、海を経由した集団は高度な航海技術を持っていた、との大胆な仮説を提示する。1969年東京都生まれ
国立科学博物館人類史研究グループ長
専門は人類進化学
著書に『人類がたどってきた道』(NHKブックス)
ほとけを造った人びと止利仏師から運慶・快慶まで

ほとけを造った人びと 止利仏師から運慶・快慶まで
根立研介/ねだちけんすけ吉川弘文館仏像そのものではなく、仏像を作った「仏師」に着目。飛鳥時代から鎌倉時代に活躍した運慶・快慶に至るまで、仏像製作の背景や政治権力との関わりなどを通史的に追い、仏像の形もそれに応じて変遷していくことを明らかにする。1956年新潟県生まれ
京都大学教授
専門は日本彫刻史
著書に『日本中世の仏師と社会』(塙書房)、『運慶』(ミネルヴァ書房)、『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代 造像銘記篇』第1〜12巻(共編著、中央公論美術出版)など
六国史ー日本書紀に始まる古代の「正史」

六国史ー日本書紀に始まる古代の「正史」
遠藤慶太/えんどうけいた中央公論新社奈良時代から平安時代前期にかけて編さんされた日本の正史「六国史」について、その特徴や魅力を、幅広い資料に基づいて、数多くのエピソードを盛り込むことで読者を飽きさせることなく概説した書。1974年兵庫県生まれ
皇學館大学准教授
専門は日本古代史
著書に『平安勅撰史書研究』(皇學館大学出版部)、『東アジアの日本書紀』(吉川弘文館)、『日本書紀の形成と諸資料』(塙書房)など

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL