書籍の紹介

六国史りっこくし
-日本書紀に始まる古代の「正史せいし

著書:遠藤 慶太(えんどう けいた)
内容紹介

奈良時代から平安時代前期にかけて編さんされた日本の正史「六国史」について、その特徴や魅力を、幅広い資料に基づいて、数多くのエピソードを盛り込むことで読者を飽きさせることなく概説した書。

情報
初版年月:平成28年2月
出版社: 中央公論新社
選定理由

 六国史とは『日本書紀』をはじめとする古代国家の編纂した正史です。本書はこれら歴史書そのものの魅力について、それぞれの特徴やエピソードを例示しながら、一つ一つ丁寧に紹介するとともに、それが今日にまで伝わっている点もわかりやすく解説しています。また、六国史の記された平安時代の政治にも多く紙幅を割き、成熟した宮廷や国家であると評価するなど、古代史全体の入門書として最適であり、優秀作品賞にふさわしい書籍です。

感想を投稿する




この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


感想