書籍の紹介

古事記を読みなおす

古事記を読みなおす

著書:三浦 佑之(みうら すけゆき)
内容紹介

古事記神話を語り口調でわかりやすく読み解く。「古事記は権力者のための歴史書」という説を批判し、古事記成立の背景についてあらたな説を展開する。

情報
初版年月:平成22年6月
出版社: 筑摩書房
選定理由

 本書は『古事記』を『日本書紀』のような国家の歴史書としてではなく、神話や伝承を音声で語り伝える世界としてとらえなおすことに成功しています。それを解き明かす過程で、『古事記』神話が語り口調でわかりやすく解説されており、その魅力を一般の方々にも理解してもらいやすい内容になっています。特に今の宮崎県にあたる日向を舞台にした海幸彦と山幸彦の物語などは、昔話でよく知られている物語と『古事記』の本文がことなることなどが丁寧に述べられており、宮崎賞にふさわしい作品です。

感想を投稿する




この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


感想