過去の受賞作品ーーーー

第3回古代歴史文化賞

 

 

 

 

 

第2回古代歴史文化賞

 

古代歴史文化賞大賞

  飛鳥の木簡−古代史の新たな解明−

飛鳥の木簡−古代史の新たな解明−

著書:市 大樹(いち ひろき)

【概要】近年、飛鳥から出土している7世紀の木簡(文字の書かれた木札)のうち、特に重要な木簡を取り上げ、丁寧に分析してその背景にある古代国家形成の歴史を読み解く。研究の最前線の成果を広く解説した作品。
出版社:中央公論新社
平成24年6月発行
詳しく見る

古代歴史文化賞準大賞

  若い人に語る奈良時代の歴史

若い人に語る奈良時代の歴史

著書:寺崎 保広(てらさき やすひろ)

【概要】 奈良時代の歴史について、時代を象徴するいくつかの話題を取り上げ、講義形式で平易に語った概説書。
出版社:吉川弘文館
平成25年10月発行
詳しく見る

優秀作品

  古墳からみた倭国の形成と展開

古墳からみた倭国の形成と展開

著書:白石 太一郎(しらいし たいちろう)

【概要】 古墳研究に長年携わってきた著者の研究成果の集大成。近年の研究状況も踏まえて国家形成過程を論じた作品。
出版社:敬文舎
平成25年9月発行
詳しく見る
  女帝の古代日本

女帝の古代日本

著書:吉村 武彦(よしむら たけひこ)

【概要】 飛鳥・奈良時代に多く出現した女性天皇について、時代毎にその性格を分析した作品。
出版社:岩波書店
平成24年11月発行
詳しく見る
未盗掘古墳と天皇陵古墳

未盗掘古墳と天皇陵古墳

著書:松木 武彦(まつぎ たけひこ)

【概要】 未盗掘古墳と天皇陵古墳を発掘することの意義をわかりやすく説いた作品。
出版社:小学館
平成25年6月発行
詳しく見る

 

第1回古代歴史文化賞

 

古代歴史文化賞

古代国家はいつ成立したか

古代国家はいつ成立したか

著書:都出 比呂志(つで ひろし)

【概要】考古学の立場から、国家の形成過程を解き明かした作品。弥生時代から飛鳥時代の発掘調査成果をもとに、古墳時代に初期国家が成立したことを明快に説く。
出版社:岩波書店
平成23年8月発行
詳しく見る

古代歴史文化みえ賞

古事記はいかに読まれてきたか

古事記はいかに読まれてきたか

著書:斎藤 英喜(さいとう ひでき)

【概要】古事記がどのように読まれ、解釈されてきたかを丁寧に探求した作品。本居宣長を起点に、時代をさかのぼりながら記紀研究を追跡し、古事記成立の謎にも迫る。
吉川弘文館
平成24年11月 発行
詳しく見る

古代歴史文化なら賞

道が語る日本古代史

道が語る日本古代史

著書:近江俊秀(おおみとしひで)

【概要】「道」に関わる技術や制度などを切り口に、最新の発掘・研究成果をふんだんに活用して、古代国家の仕組みや社会の変動を読み解く作品。
朝日新聞出版
平成24年6月 発行
詳しく見る

古代歴史文化しまね賞

古代に行った男ありけり

古代に行った男ありけり

著書:関 和彦(せきか ずひこ)

【概要】古代出雲を中心に、古代びとの心象風景を叙情豊かに描く作品。古代史に加えて民俗学や国語学の視点を交え、神社・遺跡・神話伝承地などを訪ね歩く。
今井出版
平成24年3月 発行
詳しく見る

古代歴史文化みやざき賞

古事記を読みなおす

古事記を読みなおす

著書:三浦 佑之(みうら すけゆき)

【概要】古事記神話を語り口調でわかりやすく読み解く。「古事記は権力者のための歴史書」という説を批判し、古事記成立の背景についてあらたな説を展開する。
筑摩書房
平成22年6月発行
詳しく見る